ピル体験談「ピルに対しての過剰な期待」しちゃってました。。。

ピルのお話
スポンサーリンク

『ピルに対しての期待』がいつの間にか過剰になってしまっていて、ピルをパワー溢れる魔法の薬のように思ってしまっておりました😰

家庭におけるサスティナブルでも少し触れているのですが、自分のキャパを少し勘違いしていたようです😵

服用開始から1月経つ頃にはマイナートラブルもなくなり、その後は以前より少しずつイライラもマシになりました。主人にもピル服用に踏み切ってよかったね😊なんて言われるようになり、女性ホルモンの波に以前ほど左右されなくなってきたら、「ピル!すごい!!」→「私、以前より元気!」→『私、もっといろんな事こなせるかも😊』とか思っちゃって・・・

色々やりたい事を詰め込んだり、仕事量増やしてみたり・・・
結局、キャパオーバーで最近イライラしてしまいまして。

身体の悲鳴が何によるものなのか、見極めは難しいですよね。

でも、ピルを服用することによって色々と自分と向き合うことができるようになりました。
ピル飲んで、ホルモンバランスの安定を助けてもらっていての現状と思うと自分のキャパを見直すしかないなぁ・・・と、自分の体力なんかも思い知ることができました。

30代、40代。
子育てで色々いつの間にか無理する事多いですよね。
ずっと勤めていた会社では責任も増えてきて、無理せざるを得ない事も多かったりしますよね。
でも目の前のことに一生懸命で、何かのせいにしても無理を続けちゃう。
私はホルモンバランスのせいにして、無理を重ねてきました。

ピル飲んで、ホルモンバランスさえ安定したら!
もっと色んなことこなせるはず!もっと優しいママになれる!!

でも、ピルに甘えてもっと詰め込んでしまったから、結局しわ寄せが来てしまいました😞

自分を向き合って理解する、合わせていくことは難しいですね。
でも、ピルが少し助けてくれているから、以前より向き合いやすくなりました。
色んな変化が、向き合わざるを得ない状況にしてくれたのでしょうね😌

PMSのピークは30台半ば以降?

別名『30歳代中期症候群』とも言われるそうです!😵
まさに!私、耐えれなくなくなって婦人科駆け込んじゃいましたよ〜!

この年代、甲状機能障害や鬱なんかも出てくる方がいらっしゃるので、この不調PMSかもと思った方はまずは婦人科にご相談くださいね。
私も貧血と甲状腺機能の血液検査を受けてから、ピルを処方して頂きました。

それにしても、ずっとホルモンバランスには悩まされるんですね。
40台は更年期障害と向き合っていかなきゃいけないだろうし・・・

年々抱える悩みも増えていくことだろうし、助けてもらえるとこは甘えながら頑張るしかないんだなぁなんて思います。

ピルを処方してもらって、今までPMSに悩みながら頑張っていたんだ!と、自分を少し肯定してあげれたんですが。
いつの間にか、できてなかった事の多くをPMSのせいにしてしまっていたようです。

仕切り直し!!
自分のキャパを向き合いながら、自己実現していきたいですね😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました