家庭という社会における『サスティナブル』

ゆるく幸せ
スポンサーリンク

わ!!固い!!!笑
珍しく難しいこと言い出しちゃった😲

いえいえ、最終的に言いたいことは「無理しないで行こう😊」ってことです。
みんなよく頑張ってる!頑張りすぎてしんどくないですか?

ゆるく優しく生きましょう。
8割くらいの力で生きたら、もっと優しくなれるんじゃないでしょう?って話です😊

最近、よく目にするようになった『サスティナブル』

女性誌ファッション誌でもよく使われているので、女性にも浸透しつつあるのではないでしょうか?
そう!私もファッション雑誌で知りました。

直訳すると、「持続可能な」
「自然環境に配慮する」という意味で使われているのを目にすることが多いのではないでしょうか?
エコレザー、再生資源を利用した素材、食肉の副産物として出るレザーを使用する。
また、メルカリなどのフリマアプリを利用したりすることも、それに該当してきます😊
ジェンダーレス化が進み、夫婦共有で楽しめるファッションもサスティナブル!(大好きです、メンズファッション♡共有しようと声かけて購入したの、いつもメインで着ちゃいます♪)

サスティナブル経営を家庭に落とし込んでみる

サスティナブル経営

  • 環境を保全しながら経営を進めていく。
  • 従業員、取引先、地域社会という利害関係に対して適切に関わる。
  • 持続的に経営を進めていく。

小さな社会『家族』においてもサスティナブルを意識してみると。

私の場合、まずは自分のキャパを見直すことが大事なんじゃないかなってところに行き着きました。

環境を保全しながら経営を進めていく→家庭環境の現状の把握をし、配慮しながら生活する

従業員、取引先、地域社会という利害関係に対して適切に関わる→家族に対し適切に関わる

持続的に経営を進めていく→キャパを把握し、無理のない持続可能なライフスタイルを送る

「持続可能な」に、着目するところから始まったのですが。
キャパオーバーな日常はいつ崩れてもおかしくない≠持続可能・・・ですよね。

「つくおき」「ラク家事」・・・どれも完璧にやってたらスーパー主婦でしょ。
「タキマキ」「みきママ」も、スーパーウーマンです。

インスタもブログも、目に入ってくるのは超人ばかり。
そりゃそうか、ダラけ主婦取り上げても誰も見ないですよね!笑

でも、たまに色々入ってくる情報の取捨選択を自分に合わせれなくてしんどくなっちゃたりしませんか?
主婦雑誌の特集『お仕事しながら旦那と家事シェア』・・・モデルケース見てため息出たりしませんか?

全く同じ状況の人なんていないから、自分の体力・精神力×家族構成×状況・・・掛け合わせていけば行くほど人それぞれ😉

ゆる主婦代表いたしまして!笑

人と比べて体力なくても、掃除が苦手でも、賢くなくても、仕事ができなくても。

受け入れましょう。人それぞれです。(はい!自分に言ってます!笑)

でも、いっぱいいっぱいになって人を傷つけたりしなかったらいいんでないでしょうか😊
周りの人に優しくいられる余裕が持てるを基準に色々考えて調整できたらなぁと思っております。

フルタイムで働く体力も気力もありません。
掃除が苦手で、パートはじめて「ルンバ」買いました。甘えれる物には甘えましょう♪
時間の使いたかも下手です、昼寝もします。昼寝なしでは終電で帰る旦那さんを待ってれませーん。昼寝なしでは1日の後半の家事をやりきれませーん。

でも、それが笑顔で持続可能なライフスタイルならいいのではないでしょうか?
『ゆるく』を意識しても、無意識で無理しちゃいますよね。頑張っちゃいますよね。
だから、自分の初期設定は『ゆるく』でいいんですよ😊

最近、色々しんどくてなかなかハードだったんです。
ピル飲んで収まってきていたイライラも、ピル服用以前に比べマシとはいえ復活。
笑顔の少ないママです。

『サスティナブルなライフスタイル』、改めて考え直し、改善していこうと思いました😊

一緒に笑顔を増やしていきましょう😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました